中国赴任では何が必要!?日本から持ってきて良かったもの【家電編】

買い物

中国の駐在が決まってから、中国生活で何が必要か、何を日本から持っていくべきか、何を中国で買うべきかたくさん調べました。

今回は、家電編ということで、赴任時に実際に持ってきたものと、現地で買ったものをご紹介します!

マンション備え付け家電

まず前提として、中国でマンションを賃貸する場合、家具は備え付けが基本となります。

例えば今私が住んでいる部屋には、
乾燥機付き洗濯機、冷蔵庫、電子レンジ、エアコンテレビ、ベッド、ソファー、ダイニングテーブル、収納棚
が備え付けられています。

もし必要な家電が足りない場合、契約時に大家さんに交渉すれば買ってくれたりします!
日本とは違い、中国では「言ったもの勝ち!」のようなところがあるので、要望を伝えてみましょう。

日本から持ってきた家電

上記の通りに、基本的な家具はそろっています。
しかも中国では、実は日本製含め何でも購入できます!
淘宝 (taobao)や京东(jingdon)で購入すれば、すぐに発送されますし、家の前まで届けてくれるのでとても便利です。

また、中国と日本では電圧が異なるので、日本から家電を持っていく場合、基本的には変圧器とセットで使用する必要があります。
変圧器を使い忘れると一瞬で壊れるので、家電は中国で現地調達する方がおすすめです。

こだわりがある家電や、中国到着後すぐに使いたい家電があれば、それだけ持っていくだけで良いと思います。

それでは、実際に持ってきたものをご紹介します!

空気清浄機

空気清浄機は運送会社やブログなど複数のページでおすすめされていたので、持ってきました。

中国で現地調達でも良いですので、買うことをおススメします!

昔ほど空気が汚いということはないのですが、日本よりは景色が霞んでいる日が多いです。
特に春先は黄砂がひどくなり、視界がとても狭くなります。

さらに、中国ではよく道路工事をしています。
タイミングによるのですが、工事中は砂埃が多く、部屋の床もすぐざらざらしてきます💦

大きい道路に面したマンションに住む場合は要注意です。

除湿器

除湿器は赴任地域によっては、あると便利です!

「空気清浄機」の所に書いたように、埃っぽい日が多いので、基本室内干しとなります。

広州や深圳のような南の地域では湿度が高いため、カビが発生しやすいです。
上海でも雨の日が続くと除湿器があると役立ちます♪

炊飯器

ご飯は毎日のように食べるし、美味しく食べたい!と意気込んで炊飯器を持参しました。
しかし、変圧器をつけていたものの、一瞬電圧が上がってしまったようで、炊飯中に壊れてしまいました😫

日本製の100V向けの電化製品を使用する場合は、お気を付けください・・・。

ということで、中国で220V向けのPanasonicの炊飯器を購入しなおしました。
炊飯器の差異は正直分からないです。
炊飯器の差異というよりは、日本産のお米か中国産のお米で味が全然違うので、その差の方が大きいです。

変圧器

日本から持参した、空気清浄機x2と炊飯器に合うように、3つの変圧器を持ってきました。
空気清浄機は常につけていて、毎日のように使う炊飯器にもずっとつけていました。
あまり変圧器をつけたり外したりすると、付け忘れて使用してしまうので怖かったので😅

中国現地で買った家電

中国で現地調達した家電を紹介していきます!

中国でも日本ブランドの家電を買うことができ、よく見る日本ブランドはPanasonic, TOSHIBA, アイリスオーヤマです。

ドライヤー

ドライヤーは大容量の変圧器が必要となるため、現地で買いましょう。

我が家はPanasonic製を使用、海外ブランドだとDysonなども売っています。

炊飯器(2代目)

上に書いたように、日本から持ってきた炊飯器が壊れたため、中国でPansonic製を購入。

自動食器洗機 (2回)

今住んでいるマンションには食洗器が無かったので、置き型の食洗器を購入。

1代目は中国ブランドのものを購入、3か月ほどで壊れてしまいました・・・。
中国に来てすぐの出来事だったので、中国ブランドへの信頼度がガタ落ちでした><

しかし2代目も値段につられて、Mideaの食洗器を購入(下の写真)。
こちらは1年以上使用できていて大満足です☺

送風機

中国のマンションは部屋の天井が高く、エアコンの効きが悪いです。
部屋の空気を循環させるため、送風機を買いました。
こちらはアイリスオーヤマ製で、当然のように問題なく使えています。

その他

他にもMediaのノンフライヤーや、加湿器も買っていますが、壊れたのは食器乾燥機と炊飯器ぐらいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました