【上海】上海市内の寺院3つをご紹介!穴場の観光地

観光

外灘や豫園など上海の定番スポットを観光し終わったら、次は寺院を巡ってみるのはいかがでしょうか?☺

上海市内の有名な3つの寺院、静安寺・玉佛禅寺・龍華寺をご紹介します!
どの寺院も地下鉄で行けて、便利な場所にあります。

静かに両手を合わせている参拝者や、観光客など色々います。

静安寺

高いビル群に囲まれて、都会のど真ん中にあります。

静安寺は242年に創建され、当時は重元寺という名前でした。
その後破壊されることもありましたが、そのつど修復を繰り返し、後に静安寺となりました。

金色が目立つ、非常に煌びやかで美しい寺院です。

私は上海に来てすぐ、静安寺に訪れた際、お賽銭箱の前にもAlipayやWeChat PayのQRコードが置かれていて、驚きました😮
しばらく中国で暮らすと当たり前なのですが、本当にどこでも電子決済が用意されていますね。

すぐ隣には久光というデパートもあります。
また、最寄り駅がある地下鉄2号線は、定番観光スポットの外灘や豫園、ショッピング街の南京西路も通っているので、あわせて観光してみても良いですね♪

☞静安寺の公式HPはコチラ

・住所:上海市静安区南京西路1686号(地下鉄2号線・7号線「静安寺駅」から徒歩2分
・時間:7:30-18:00
・料金:50元

玉佛禅寺

玉佛禅寺は1882年に、浙江省普陀山の僧、慧根により建立された禅宗寺院です。
慧根はインドへ渡り、ミャンマー経由で帰国する際に、5体の仏像を作ったそうです。
そのうちの2体を祭るために、玉佛禅寺は建立されました。

外壁などは鮮やかな黄色が印象的です。
境内は緑と、赤い布が至る所にかかっていて、色合いがとてもきれいです。

中国の寺院には、野良猫がいることが多いです。
中国のSNSでは看板猫のように扱われている猫もいたりして、とても可愛いので是非探してみください☺

ちなみに私が行った日は真夏で、一匹しかおらず、しかも日陰でぐったりしていました😅

・住所:上海市普陀区安远路170号(地下鉄13号線「江宁路駅」から徒歩5分
・時間:8:00-16:30
・料金:無料

龍華寺

上海市内の少し南に位置する龍華寺。
雨でも参拝者や観光客が多く、人気のお寺です。

創建は三国時代と言われており、上海最古の寺院です。
入口にある塔が目印で、ここの周りを時計回りに三周するとご利益があるそうです。

中には精進料理を出す食堂「龍華素斎」があり、「罗汉面」という麺料理が人気です。(下の左の写真)
精進料理なのでお肉やお魚は一切入っておりませんが、野菜やキクラゲや揚げが入っており美味しかったです。
値段もお手頃で、一杯15元。訪れた際はぜひ食べてみて下さい☺

・住所:上海市徐汇区龙华路2853号(地下鉄11号線・12号線「龙华駅」から徒歩8分
・時間:7:30-16:30
・料金:無料

コメント

タイトルとURLをコピーしました