【上海】世界に6店舗しかない STARBUCKS RESERVE ROASTERY が可愛すぎる!

カフェ

上海にはたくさんのスタバがありますが、その中でも特別なコーヒー体験ができる『STARBUCKS RESERVE ROASTERY (スターバックス リザーブ ロースタリー)』へ行ってきました。
店内の様子や「スターバックス リザーブ ロースタリーって何?」について書いたので、是非読んでみて下さい!

スターバックス リザーブ ロースタリー アクセス

上海の中心部、南京西路にあります。
周りには大型のショッピングセンターや飲食店、オフィスが立ち並んでおり、
ショッピングの合間に立ち寄って、一息つくことができます☺

住所:上海市南京西路789号兴业太古汇N110-N201号
地下鉄2号線・13号線「南京西路」駅から徒歩5分

スターバックス リザーブ ロースタリー 雰囲気

1. スターバックス リザーブ ロースタリーって何?

厳選された、希少価値が高くて特別なコーヒー豆を取り扱う「スターバックス リザーブ」と、
焙煎所を意味する「ロースタリー」が合わさった、新コンセプトの店舗です。

世界4カ国に6店舗しかなく、ここ上海店は、シアトルに続き2番目の店舗として2017年12月にオープンしました。(2023年1月現在)
店内にはリザーブ・焙煎所だけではなく、スタバのティーブランド「TEANAVA」とバー「BAR MIXATO」が併設されています。さらにミラノ発のベーカリー「Princi(プリンチ)」も併設されていて、たくさんの種類のパンを選ぶことができます!

2. 店内の様子

店内はとても広くて2階まであり、カウンター席や4人席など様々です。
机や椅子は木の材質で統一されており、全体的に落ち着いた雰囲気です。

ここでしか買えない限定のグッズもあるので、ショッピングも楽しめます。
マグカップやタンブラーをはじめ、スターバックス リザーブのマークが入ったストラップや革小物、TEANAVAブランドの製品が売っています。

3. 焙煎所の様子

最初に書いたように焙煎所が一緒になっているので、コーヒー豆が焙煎しているところや、包装された後の袋を検品している様子を見ながらコーヒーを飲めます。

コーヒー豆が焙煎された後、勢いよく運ばれる様子や、天井のパイプを通っていくのは見てるだけで楽しいです。まるで工場見学のようです!

スターバックス リザーブ ロースタリー メニュー

今回は朝昼のワンプレートメニュー(158元)を注文しました。
3種類あるセットの中から、スモークサーモンが乗ったトースト+スクランブルエッグ+サラダのプレート、フルーツ、コーヒーがセットになっているものを選びました。
トーストにはクリームチーズが塗られていてサーモンとよく合い、スクランブルエッグはとろとろでした☺意外とボリュームたっぷりで、お腹いっぱいになります。

他には、ハムとソーセージが乗ったお皿一杯のパンケーキのセットもありました。

パンやケーキの種類も豊富です。
クロワッサンみたいなシンプルなパンは30元程度から、具材たっぷりのピザのようなパンは80元程度でした。

ドリンクメニューも豊富ですが、せっかくスターバックス リザーブに来たということで、コーヒー豆を選んで入れてもらいました。
4~5種類程度のコーヒー豆が用意されていて、おすすめの入れ方も書いてあります。
分からないときは店員さんに聞いてみるのもいいですね。

コーヒー豆の種類が書かれた、デザインがとても素敵なカードと一緒に渡されます。
カードが可愛すぎて集めたくなる、、、!店内の壁にはこのカードでデザインされているところがあるので、探してみて下さい!

そしてコーヒーは言わずもがな、香りがよく、強すぎない酸味があり美味しい。今回頼んだKenyaは一杯52元でした。さすがにいいお値段。
でもコーヒー好きなら飲むだけではなく、食事、焙煎の様子、店内の雰囲気、すべて楽しめること間違いなしです!ぜひ行ってみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました